教えて!社員研修で為になったことは?

大事なのは研修内容だけじゃない!同期との人間関係だ。

新入社員として働くとこになるとどうしても最初の内は同期に差をつけようと張り切ってしまいますよね。教育係からも気に入られようと研修を必死に皆、頑張ってしまいますよね。でも、大事なのは研修内容だけではなく様々な地方から集まった同期との絆作りです。同期とは会社で働く上で一生欠かせない存在です。
いかに同期と信頼関係を築くかによってその後のサラリーマン生活は大きく変わってきます。その土台作りが研修期間です。だから、研修だからと勉学だけに気持ちを傾けず、同期とコミュニケーションを多くとることが社会人として大きな勇気に繋がります。研修が終了して地方に配属されても年に数回は同期会を開くのもいいですね。それがさらに絆を深めることになります。研修はとても大事な期間です。

研修での学習は会社だけじゃない!寮生活もだ!

研修と聞くと会社でのイメージがあると思いますが必ずしもそうとは限りません。寮生活でも研修は行われています。毎日、寮の管理人に部屋をチェックされたりごみはちゃんと分別されているかなど様々なことが知らない間に見られています。新入社員はそういとこにも気を配りながら生活しなければなりません。このように常に会社側に監視されています。一切、気が抜けませんね。しかし、新入社員の会社生活とはそういうものです。
そういうチェックも、全てクリアして晴れて配属が決まるというわけです。研修期間が長い会社ほど粘り強く辛抱しなければなりません。長い道のりですね。しかし、そのような状況を乗り越えると人間として成長して配属先でも自身を持って会社生活を送ることが出来ますね。寮生活は自分を見つめ直す良い機会ですね。